社員インタビュー

経験と専門知識を身に付け、より良い提案をしていきたい

戸田営業所

木村 亮治

2016年新卒入社。入社当初は人との接し方、仕事の責任感など、学生と社会人の違いにとまどったが、いまは把握。カラダを動かすのが好きで、学生時代卓球部に所属しており、いまも休日は学生時代の仲間と汗を流す。

ガスのプロフェッショナルとして強い戦力に


大学は理工学部で物理学を専攻し、素粒子の研究をしていました。物理学の視点からもエネルギー分野は今後世界的にもますます重要な分野になると思い、エネルギー関係の仕事に就きたいと考えていたんです。それで会社説明会で日東エネルギーを知り、LPガスに関する知識はほとんどありませんでしたが、ふだんの生活で使っていましたし、これからも大切なエネルギーですので関心を持ちました。会社の説明がていねいで雰囲気が良さそうだったのも印象的でした。
入社1年目は研修期間で、小売事業部、工事、開発、リフォームなどの部署を経験させていただき、学生と社会人の違いを体感。ガスは危険物ですので知識が必要なのはもちろんのこと、お客様とのコミュニケーションの重要性を認識しました。早く先輩たちのように、強い戦力になりたいと思っています。

お客様に喜んでいただくことがやりがい


現在の主な業務は器具販売で、お客様のニーズに合った商品を提案して、使っていただいた際に喜んでいただけるとやりがいを感じます。
業務に関しては入社前や研修中に詳しく聞いていましたので、あまりとまどうことなく理解できましたが、ガスの会社なのに電気や水道についての問い合わせもあることは意外でした。トイレやユニットバス、リフォームのことなど、幅広い知識が業務に活かせるので、少しずつ吸収していこうと思っています。
たいてい先輩と2人でお客様のところへ伺うのですが、昼間ということもありお年寄りと接することが多く、電球を替えてほしいと頼まれたりすることも。独り暮らしのお年寄りなどはいろいろな話をしたい方が多く、雑談の話相手になったりしますが、僕自身はそれが楽しみでもあります。

経験と専門知識を身に付けて頼られる存在に


この仕事で大切なのは、お客様第一、そして安全第一。そのためには、使用方法や注意事項を正しく伝えることですが、最初は知識が少ないのでカタログを熟読したり先輩から学びます。先輩たちは親切で、セクションが違っても気軽に声をかけてくれます。それが社風であり、会社の強みだと思いますが、自分で貪欲に学ぶ姿勢と資格取得が必要です。
ガスは専門分野ですので資格が細分化されており、僕はガスを販売するための資格、取り付け工事ができる資格、福祉住環境に関する資格の3つの資格を取得。合宿に参加させてもらったり、実技を教えていただいたり、会社が全面的に資格取得をバックアップしてくれます。
より良いものを提案するためには知識と資格が必要ですので、経験と専門知識を身に付けて、早くみんなから頼られる存在になりたいですね。

他の社員インタビュー