社員インタビュー

仕事と家庭を両立し、ワークライフバランスの良さを実感

経理課 係長

田中 玲子

2005年新卒入社。1才半になる子どものママ。産休・育休を取り、以前いた経理課にカムバックした。現在は時短制度を活用しながら、仕事と子育てを両立。休日は家族で公園や買い物などへ行くことが多い。

信頼されていることがやりがいのひとつ


大学では地球環境科学部で気象などの勉強をしていたので、環境問題には興味があり、環境やエネルギー系の就職説明会に参加。環境に良いLPガスを扱っている日東エネルギーの業務内容に惹かれて入社しました。
入社時は東京支店の業務課に配属され、営業事務をしていたのですが、数年後に経理課へ異動となり、仕入れ先の支払い作業や月次試算表の作成などをしています。
お金に関することですのでミスは許されず、スピードと正確さを要求されるのがこの仕事の大変なところですね。私の個人的なミスが会社全体の評価を落としたり、損益の数字を見て社長や役員が今後の経営戦略に活かしますから。責任のある仕事ですのでプレッシャーはありますが、信頼されていることがやりがいでもありますし、決算などの大きな仕事が終わると達成感があります。

女性に優しい、とても働きやすい会社です


私は2015年9月に出産したのですが、産休・育休制度を使い、復帰したいまは時短制度を活用。通常の勤務時間よりも始業時間が30分遅く、終業時間が30分早いので保育園の送迎がしやすく助かっています。
女性にとって、結婚や出産、子育ては、会社選びの重要なポイントになると思いますが、私は日東エネルギーを選んで正解でした。女性のための制度が充実していて、会社全体でフォローしてくれます。2人出産して復帰した先輩もいますよ。
上司が同じ経理課に戻れるように配慮してくれましたので、復帰後も大変働きやすかったです。職場のみんなが優しく送り出してくれて、あたたかく迎えてくれました。
また、ちょうど私の育休中に制服のリニューアルがあり、復帰したときにあたらしいデザインの制服が着られ、気分一新できてうれしかったです(笑)。

先輩がみんな親切ですので心配はいりません


営業事務から経理課へ異動になったとき、経理の専門用語や会計専用ソフトの入力方法など、わからないことがたくさんあったのですが、先輩が親切に教えてくれました。それは経理課に限らず、社内全体が自然とそんな感じなんです。チームワークがとてもよく、先輩が後輩を親身に教えてくれますので、知識や経験がなくても大丈夫。入社してからいろいろ知識を吸収していきましょう。
また、みんなの楽しみのひとつが社員旅行。2年に1度、海外と国内の2組に分かれて実施するのですが、私はハワイに2回とサンフランシスコへ行きました。ひさしぶりに他支店の仲間と会えて、モチベーションも上がります。
私はいま仕事と子育てを両立し、ワークライフバランスがすごくいい状態です。子どもが大きくなっても続けられる職場ですので、女性のみなさん、ぜひ一緒に働きましょう。

他の社員インタビュー