社員インタビュー

顧客視点と迅速な行動、チームワークが成長の鍵

千葉営業所 リーダー

吉澤 知也

2011年新卒入社。大学で環境と経済について学び、エネルギー業界を志望し入社。ガスを通じて社会貢献できるところがこの仕事の魅力。現在、奥様は妊娠中。産まれてくる子どもと3人の生活を楽しみにしている。

幅広い仕事をするために、知識と資格を


僕は営業職なのですが、いまはスーツよりも作業着を着る機会のほうが多いですね。お客様のお住まいに伺って、ガス設備の点検、修理、交換などの業務が増えました。これらの工事にはガス整備士の資格が必要で僕は当然持っていますが、仕事を広げていくためにはガスに加えて電気、水道関係の資格も取ったほうがいいと思います。この仕事は、幅広い知識があったほうが断然やりやすいので。
少し前に、大手回転寿司チェーンの新規オープンの仕事に携わったんですけど、会議に集まったたくさんの人の前で監督さんから各業者1社ずつ指名され、どんな工事をするか細かく説明します。もちろん事前に準備しますが、質問されて答えられないと会議が止まってしまいますし、大型案件ではさまざまな設備関係の方と打ち合わせをしますから知識と資格は必要です。

現場での経験が自分の成長につながる仕事


仕事で意識しているのは、つねにお客様目線で考え、迅速に動くこと。ガスの会社ですので緊急対応もあり、1秒でも早くお客様のもとへ伺い、安心してもらうことが大切です。その信頼があるからこそ、弊社を選んでくれているのですから。お年寄りのご家庭で役に立てることがあり、直接感謝されるとすごくやりがいを感じますね。
むずかしいのは、現場ごとに状況や工事内容が違うところ。緊急対応は慎重かつ的確にこなしますが、時間に余裕のあるケースは社内に持ち帰り、上司や先輩に相談して解決に結びつけます。そこで知識や技術を会得して、自分のできることを増やしていく。教科書を何十回読むよりも現場の経験が何より大切です。参考になりそうな現場にはできるだけ部下も同行させ、工事内容や段取りなど、自分のやり方を見せるようにしています。

チームワークで新たなビジネスチャンスを


営業としてのメインの仕事は、ガス器具の販売と新規顧客を増やすことですが、このどちらの業務も「はじめまして」で成約につながることはまずありません。お客様との距離感を少しずつ近づけていくことが肝心です。たとえば「きょうはあいさつに伺いました」「近くまで来たものですから」と、世間話などをしていくうちに、僕のキャラや誠意を理解してもらいます。
またガスだけでなく、弊社がリフォームをやっていることもアピールし、家の中の使いづらい部分や交換・改修したい箇所を聞いて仕事につなげることも。そのような場合はいろいろな部署と連携しますが、弊社はチームワークの良さには自信があります。上司に相談してチームを組み、お客様にとってベストな方法で解決。そこで生まれた信頼が新たなビジネスチャンスとなることもめずらしくありません。

他の社員インタビュー