社員インタビュー

先輩社員の温かみに支えられ、1年目から仕事が楽しい

東京ガスセンター 業務課

三坂 優佳

2017年新卒入社。土日オフのうち1日はのんびり過ごし、もう1日は友だちと食事や買い物、ライブなどへ。話題のスポットまで遠出することも。たいてい定時に帰れるので、仕事後に食事や買い物をする日も多い。

ライフラインに携わる、長く続けられる仕事


大学は法学部で、災害時における自治体の対応などについて勉強していました。
就活のポイントは長く続けられる仕事。それで、人の生活に関わることであれば自分の勉強にもなるし続けられそうだなと思い、とくに大学で学んだライフラインに携わる仕事を探していて日東エネルギーに出会いました。
自分の地元にもある身近な存在の会社でしたし、会社説明会で社員の方の温かさや人の良さを感じることができたのが入社の決め手です。どの社員の方も私の話を真剣に聞いてくださり、とても好感が持てたのが印象的でした。
入社してから同期や先輩と話をしていても、社員の温かさに惹かれて入社した人が多かったですね。まだ入社1年目ですが、先輩たちはみんな優しく、どんな小さなことも親切に教えてくれるので、毎日とても楽しく仕事しています。

営業の方の働きやすい環境づくりをサポート


現在の仕事は、営業事務をしています。営業の方のお金を管理したり、顧客情報の管理などのサポート業務が私の担当です。
また、当社にはお客様専用のコールセンターが設置されているのですが、営業所に直接電話がかかってくることもあって、そういう電話にも対応しています。お話を伺って自分の知識で足りることであればご案内しますし、私ではわからないことは担当者に代わったり、出かけている場合はのちほどこちらから連絡する旨を伝えたり。電話越しですが、お客様の声やご要望を聞くと私自身の勉強になりますし、解決できて「ありがとう」と言われるとうれしいですね。営業の方をサポートできている実感があって、仕事をがんばる原動力になっています。
今後もいろいろな経験を積んで、もっと営業の方が働きやすい環境をつくっていこうと思います。

早く一人前になって、みんなから頼られる存在に


学生から社会人になって、いちばん感じるのは責任の重さですね。学生時代、レストランでアルバイトしていたのですが、ひととおり料理覚えて、あとは簡単な接客という感じでしたが、社会人になると会社のルールとか仕事のやり方とか覚えることがたくさんあるうえ、すべてに責任が伴います。
電話の受け方もお客様との接し方も、ある意味、会社代表みたいなところもありますからね。お客様にとって、社会人1年生ということは関係のないこと。きちんとしないといけないなって思います。
それと、営業のお金に関することもやっていますので、正確にミスなく処理することが求められます。私はあまりスピーディに動けるほうではないので、確認を怠らないことを意識しています。
早く一人前になって、みんなから頼られる存在になるのがいまの目標です。

他の社員インタビュー